脈々と続くもの

昨夜はいとこ会でした。

 

父方のいとこが大集合。

三男五女のきょうだいから生まれた9人のいとこが参加。

(ほんとは全部で15人)

 

いとこ間の年齢差は、28歳。

上は68歳、下が40歳。

生まれた土地も違う(新潟、神奈川、東京)し、親子ほどの年が離れたいとこたちが一堂に会する感じ、とても面白かったです。

 

しかもみんな、はじめは緊張して会場入りしたっていうから面白い(笑)

 

昔話にも花が咲き、わたしの知らない話もたくさん聞きました。

いとこの人たちが伯父(わたしの祖父)が大好きだったと言ってもらえたことも、とても誇らしかったです。

 

元を辿れば祖父母が同じ人たち。

でもその中で、祖父母の名字を受け継いでいる人は2人しかいなくて。

 

そう考えると、改めて自分の名字が好きだし、愛しく感じました。

 

結婚はしたいけれど、この名字を手放してしまうことも惜しい。

 

そんなことを思いました。